瑜祇大宝塔建立、両頭愛染明王ご奉安

 

 

 


令和の大事業
瑜祇大宝塔新建立
本尊両頭愛染明王(厄神明王)奉安  

謹啓 皆さまには、時下ご健勝のこと、お慶び申し上げます。
当山ではこの度、平成最後の大事業として、標記の瑜祇大宝塔の新建立と、本尊の両頭愛染明王像の謹刻奉安を発願致しました。
「瑜祇塔」とは、インド、中国からの三国伝来の密教独自の塔、五峯八柱の宝楼閣です。
南インドにおいて、龍猛菩薩より密教両部の根本経典の「大日経」と「金剛頂経」を授かったという伝説の宝塔、「南天の鉄塔」の形を模したものです。
弘法大師も高野山にこの塔の建立を発願されるも、叶わなかっと伝えられています。
建立される瑜祇大宝塔は、総木造・漆喰の朱塗り、瓦葺きで、全高は、十八メートルを超える大塔です。
本尊となる「両頭愛染明王」とは、別名「厄神明王」とも云われ、不動明王と愛染明王とが合体した、両頭六臂の忿怒のお姿です。
こころ・知恵の世界(金剛界)と、もの・慈悲の世界(胎蔵界)とが一つに調和した、平和で理想の世界、「大日如来の密厳仏国浄土」を
現出する仏さまです。

また、庶民の間では昔から、「厄神さん」としてひろく信仰されてきた、厄除け、厄払い随一の仏さまでもあります。
茲に今、新しい元号の時代を迎えるにあたり、令和の大事業として、「のみやまさん信仰」の核心として、
「瑜祇大宝塔」の新建立、並びに「両頭愛染明王」謹刻奉安を計画した次第です。


なお、結界の儀、着工式は、令和元年五月
鎮壇の儀、地鎮祭は、令和二年四月
上棟式は、同年九月
完成は、 令和三年七月
落慶式は、同年十一月 の予定です。


                      合掌
平成三十一年 新春
檀信徒・参拝者各位
高野山真言宗 別格本山
呑山観音寺 貫主  村上了海





【ご連絡先】

呑山観音寺

福岡県糟屋郡篠栗町萩尾227-4

電話:092-947-4423(午前9時~午後5時)
夜間:092-947-6384

----------------------------------------------------------------

結界の儀、着工式のご案内

来る令和元年五月十九日に、左記の通りに、工事の安全を祈願して、「結界の儀、着工式」を執り行います。
御同行の皆さまにおかれましては、是非ご参列くださいますよう。
謹んでご案内申し上げます。


結界の儀、着工式
日時 令和元年五月十九日(日) 午後

※月例護摩法要の後に行います、十二時半頃を予定しております。
道場 鐘楼堂奥上、瑜祇大宝塔建立予定地

----------------------------------------------------------------------------

 


瑜祇大宝塔 新建立 ご寄進勧募のお願い

このたびの平成最後、新元号最初の浄行の完遂のため、
篤信徒の各位、参拝の皆さまには、何卒この遭い難き勝縁にご賛同を賜り、
よろしくご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
貴家ご一同さまの安楽円満と安全繁栄のため、
また当山の伽藍の繁栄、仏法興隆の悲願達成のため、
皆さま方をはじめ、類縁者の方々にも是非ともご勧誘下さり、
一人でも多く方々に、この仏縁を結んで頂きたく、格別のお力添えを賜わりますよう、
謹んで、ご寄進勧募のお願いを申し上げます。          合掌


瑜祇大宝塔 寄進

屋根瓦 一口 3,000円也
塔内敷き瓦 一口 10,000円也
格天井板 一口 30,000円也

石灯篭 大 一口 500,000円也
石灯篭 小 一口 300,000円也

瓦、格天井板には、ご氏名、ご住所、願意を書いて、そのまま、お葺きいたします。
石灯篭には、お名前(会社名)を謹刻いたします。

その他、仏具、八祖ご尊像図絵、荘厳具、柱、相輪などのご寄進を承ります。

詳細資料を送付いたしますので、ご希望の方はお問い合わせください。

 

【お問合せ先】
呑山観音寺

福岡県糟屋郡篠栗町萩尾227-4

電話:092-947-4423(午前9時~午後5時)
夜間:092-947-6384

 

--------------------------------------------------------------------------------------