平成30年 春季大祭
「七福星まつり」




◆日時
平成30年3月11日(日)
午前10時より(法会開始 午前10時30分)


◆会場
呑山観音寺 天王院本堂・境内特設舞台


◆法会
当年星供と北斗護摩供、牛王加持祈祷大法要


◆催事
七福宝銭・福餅・福豆まき
七福神行列、稚児行列 
和太鼓奉納、大道芸
お福分け抽選会、にぎやかし等

七福星まつり(しちふくほしまつり)は
呑山観音寺の春季大祭、 厄除け祈願のお祭りです。

星まつりとは、弘法大師によって伝えられた仏教(真言密教)独自の東洋占星術による‘厄祓い’です。
「宿曜経」というお経にもとづいて、各人一人ひとりの生まれ星と平成30年の当たり星とにより
一年の運勢を占い、「当年星供」と「北斗護摩供」との秘法により厄災消除、開運招福を ご祈願いたします。

特に厄年や黒星凶年に当たる方、戌年生まれの方には
お一人ずつ当山に伝わる秘法「牛王寶印加持」(ごおうほういんかじ)によるおはらいをおすすめいたします。

無事成長特別祈祷をお申込みのお子様には「牛王寶印加持」により、厄除けと併せて無事成長、学業上達をお祈りいたします。


場外の特設ステージでは七福神が舞い踊り、年男、年女と一緒に「福餅、福豆、七福宝銭まき」を行います。
宝銭は、今年一年の商売繁昌、金運・無病息災を祈念したお守りです。

その他、若宮司書太鼓による奉納和太鼓の演奏や、大道芸や、お福分け抽選会など、楽しい催し物がたくさんあります。


七福神が僧侶、年男、年女と共に参道を練り歩く「七福神行列」や、子供たちと一緒に歩く「七福稚児行列」も見どころの一つです。


何卒、貴家ご一同様をはじめ、御同行の皆々様にもこの勝縁に値遇されます様、お世話頂きたく、茲に、ご案内申し上げます。



合掌